家具の関税について

商品を輸入する際に気をつけること

アジアン家具を購入しようと決める分には問題は無い、海外で購入しようとわざわざ足を運ぶ人もいるだろう。その場合は大抵買いつけという形だと思うが、あくまで個人で購入するとなった場合に失念してはいけない点が存在していることを頭に入れておいて貰いたい。海外で何気なく買い物をしている人もいるかと思うが、この世界には『関税』という、海外で購入した商品に対して税金がかけられるシステムが構築されているからだ。海外で買い物をそこまでしない人にとって見ればさほど気にする必要もない、とも言い切れないので部分がある。特に今回のアジアン家具というわけでは無いが、家具の中には購入したくても輸入することが出来ない品物も中には存在しているからだ。

輸入できないとはどういうことかというと、元々家具を始めとした物はワシントン条約の対象となっており、条約そのものに抵触するような材質や材料を使用している場合には規制対象品として、そもそも日本への輸入が認められないという可能性も出てくる。また輸入するにしても、実際に日本への輸入を行うとなったら面倒なことにもなるなど、知っておくだけでも役立つ情報もあるものだ。

ただアジアン家具であれば基本的に使用するのが木材オンリーの自然風味を売りにしているため、関税に関してはそこまで厳しく敷かれていない。調べてみると家具の関税率は基本的に無税となっている、そう記載している表や説明がされているため、納得するしかないといったことではない。無税とは言うが、その対象となるのはあくまで『先進諸国』であればの話だ。中には体裁的に先進諸国であるように思われる地域であっても関税が掛かる場合があるので、その点に関しては事前に調べるなどしてから購入するようにしよう。

気をつけたい関税ポイント

そもそもどうして先進諸国では基本的に輸入関税が掛からないのかというと、それは発展途上国が関税を敷くことの意味で理解することが出来る。例えばベトナムやインドネシアといった国では関税が掛かる地域となっているが、同時に国内の気質として『自国産業を守る必要がある』とする見方もあり、発展途上国では関税のみならず様々なところで課税対象となってしまうと言った事態に遭遇することになりかねないので、このことを事前に調べていないと後から物凄い額を支払わなければならないことになるので要注意。

また先に軽く紹介したが、国内に持ち込むことが出来ないインテリア以外であれば、基本的に関税を無事に通過して輸入することが出来る。ただ家具を輸入する際にはその時々の情勢によって異なってくることも考慮していなければならない、といった点も含まれている。例えばアジアン家具に使用している素材が急に課税対象としなければならないとなった場合もありえるため、必ずしも無関税というわけでは無い事を念頭に入れてもらいたい。

規制対象では無いことを証明しなければならない

ただこうした家具に関していうならば、単純に規制対象となる素材を利用していないと自分で理解していても、納得させなければならないのは関税を取り締まる側にキチンと説明する必要がある。そのため税関手続には正式な学名が求められるようなこともあり、そういった知識についても購入時に全て取得していなければ最悪輸入することが出来ないといったことも容易にありえるため、一歩の手前で引っかかってしまったということにならないようにしよう。

関税で規制対象品となってしまった商品は基本輸入できないと見ていいが、中には商品とそれをどのように使用するかで輸入できるものもある。そう考えると多少希望も出てくると思う人もいるかもしれないが、それについても正式な手続として複数の書類を提出し、さらに経済産業省への輸入承認を取り付けなくてはならない等、自分であちこちの機関に問い合わせなければならないといった面倒を背負い込むことになる場合もあるため、それはそれで仕方のないこととして受け入れるしかない。

ただ全く規制や条例などに関係のないインテリアなどであれば簡単な手続で輸入することが出来るので、過度に心配することもないだろうが、あえて言わせて貰うなら偽ブランドなどを持ち込むといった所業だけは本人が知らずに購入してしまったとしても認められないので、気をつけよう。つまりは、安さに釣られて怪しい店で商品を購入してはいけないということだ。

アジアン家具を大いに語る!

日常生活で使用する家具、どうせならそれは自分のこだわりを最大限生かしたもので統一したいもの。その中には『アジアンテイスト』な家具を導入したいと考えている人もいるだろう。また勧められてアジアン家具を導入してみたいと思っている人もいるはず、このサイトではそんなアジアンテイストの魅力を徹底的に紹介し、さらに他の家具との違いといった豆知識情報を提供するサイトです。