アジアン家具購入の注意事項

購入後の取扱には要注意

上記の通りに、実際にアジアン家具を購入して使用する際に注意点として念頭に置いて購入するようにしよう。ではその購入するための手段としては、ネット通販でも構わないが、やはり家具ともなれば実際に自分の目で目利きした上でどれがいいかを選別するようにする、それがいいだろう。もちろんそれを必要としなくても分かる、照明や小物入れなどはあらかた大きさなどを把握できるので構わないが、ディスプレイ上で表示されている画像と実際に自分の手許に届いてみるとまるで違うといった、そんな差異が生まれることもしばしばあるので、その点に関してだけなら自己責任として受け入れた上で納得して購入しよう。返品といった手段も取ることは出来るが、ここではそういう話は出来ない方向でいくとしよう。

どうして自分の目で見てから購入した方がいいのかというと、その理由としてはアジアン家具といっても生産されている国によって、その特徴も色味も、形も異なっているからだ。これは当然だろう、だからこそなるべく同じ技術者が製作しているような家具を購入したいと思うところだが、そうなると買物をする幅がかなり限定される。ネット通販だとそうした情報も簡単に取得できてしまうため、どうしても譲れない一線といったものができてしまって、買い物幅が限定的になってしまう恐れもある。ショッピングにおいて目先の商品だけに捉われては賢い消費者とは言えないので、その原理がアジアン家具を購入する際にも適用されると言うことだ。

ただ実際の店舗で商品を購入しようとなった場合、ネットの商品よりも幾らか値段が高くなっている恐れもあるため、そういった意味ではそこの所も注意して買い物を満喫していけばいいだろう。しかしアジアン家具の購入時における注意点は、実際の店舗に足を運ぶだけでは済まされない問題点が内在している。それを見過ごすと、せっかく購入したアジアン家具が実は邪魔になってしまうと言った可能性も出てきてしまう。では購入するとなったらどんな点に注意すればいいのか、ここで話をしていこう。

購入時は慎重に

アジアン家具の魅力に取り付かれる人の大半は、東南アジアへの旅行やその旅行経験者が思い切って部屋をアジアンテイストへとコーディネイトした部屋を見て影響された、そんなところだろう。注意が必要なのは前者だ、後者の場合は日本でアジアン家具の魅力に取りつかれて買おうと奔走するのであれば、まだいいが実際に渡航地で渡った東南アジア諸国で衝動買いする場合、この時こそキチンと計算して購入しなければならない。計算と言っても購入金額ではなく、家具のサイズに伴っての計算だ。

アジアン家具が欲しくなった、どうせ現地にいるんだから購入してしまおうと思い切った衝動買いをしようとする行動に走るかもしれないが、ここで待ったをかけてもらいたい。どうしてかというと、実際に購入してみると分かると思うが、アジアン家具は普段から接している日本の家具よりも寸法としてもだが、全体的なシルエットとしてもかなり大きめに作られていることを理解しなければならない。大きいとどうして困るのか、それは実際に自分の部屋に持ち運んだ際に、置きたかった場所に家具を置けないとなる可能性があるからだ。その状況に陥ったら悲しくなるのは自分なので、一瞬感情に流されそうになっても歯止めを利かせられるだけの自制心を持つ様にしよう。理屈では分かるが本能が止められないという場合もあるとは思う、ただ旅行先でベッドやらソファといったものを購入しようとする人はそうそういないと思うので、例外としてまずは落ち着いて考えてから購入するようにしよう。

どうして待たなければいけないのかの理由として

部屋に入らないというのも由々しき問題だが、論点としてあげるならもう1つ外せない要素がここで絡んでいるからだ。それは購入を決意した後にキャンセルが効かないという点である。日本にいると体裁としてキャンセル不可となっても、ある程度意固地になれば応答せざるを得ないと言う日本人らしい気質を発揮できるが、そんな意識が海外で通用するわけもなく、交渉が成立している時点で既に後戻りは効かないということを忘れてはならない。

だからこそ海外で衝動的に家具を購入しようとするなら、一度頭を冷やす必要があると再三注意しているのだ。絶対的な自信を持っているならそれで構わないが、後悔してそのやり場のない怒りなどを向ける矛先は他人に向けるような行いだけはしないようにしてもらいたい。

似ているからと、手入れは怠ってはいけない

東南アジアの一国でもある日本とバリ島を比べると、風土が明らかに違っていることは誰でも理解できるだろう。似ているが、共通しているわけでは無い。あくまで類似しているだけであって、同一視するような真似だけは控えることもアジアン家具を購入する上で必要なことだ。何故そんなことを言うのかというと、日本の気候とアジアン家具に用いられている材質が悪影響をもたらしてしまうことがあるからだ。その天敵というべき存在は『乾燥』だ。

日本は多湿でありながら乾燥しやすい風土となっているという、面白い気候となっているためアジアン家具にとってそうした日本の環境はある意味過ごしにくいものとなっている。そのため手入れを欠かすことが出来ないため、長く使い続けたいと考えているなら定期的なメンテナンスを欠かさないようにしよう。具体的に挙げると、

  • ・冬場の乾燥しやすい季節は部屋の湿度を一定に保つようにする。
  • ・艶出し用のオイルなどを使って、丁寧に拭いていく。
  • ・染みを防ぐため、コップなど直にテーブルなどに置かないように、コースターなどを使って水滴がなるべく付かないようにする。

家具のメンテナンスなんて下ことがないという人もいるだろうが、アジアン家具を購入したらそういった定期的なお手入れが欠かせなくなってしまうため、長く使って、その独特な雰囲気を長い時間堪能したいと考えているのであれば、習慣付けるような努力も必要となってくる。意識としても、アジアン家具を利用するなら色々と気をつけなくてはならない要素が沢山出てくるので、そこのところをよく注意してもらいたい。

アジアン家具を大いに語る!

日常生活で使用する家具、どうせならそれは自分のこだわりを最大限生かしたもので統一したいもの。その中には『アジアンテイスト』な家具を導入したいと考えている人もいるだろう。また勧められてアジアン家具を導入してみたいと思っている人もいるはず、このサイトではそんなアジアンテイストの魅力を徹底的に紹介し、さらに他の家具との違いといった豆知識情報を提供するサイトです。