他の家具との違い

アジアン家具と違う、現代的な要素を取り込んだ家具

アジアン家具に焦点を当てて話をしてきたが、ここからはそんなアジアン家具とは違う魅力が敷き詰められた家具とを比較しながら、現代の家具について考察して行こうと思う。アジアン家具が人気があると言っても、確かに素材などを加味すれば十分それを楽しむことも出来るだろう。ただすべての人がアジアン家具に対して好印象を持つことが出来るわけでは無い。ある種の共通点として、木材を利用した家具が好まれている傾向にあるのは、いつの時代でもそうだが、どこか自然を彷彿させる素材を利用していればそれとなく惹かれるものだ。

筆者としても、自分の好みというところを考えれば、どちらかといえば木材を使用している家具が利用出来ればいいなとは考えている。ただ現代に生まれるとアジアン家具のような何処か古風でありながら、中世的な雰囲気をかもし出しながらも、現代のインテリアに溶け込むことが出来る魅力は十二分に素晴らしいところだと思う。だが時代が進むことによって、家具のデザインもより先進的かつ斬新なものが発表されるなど、業界としての可能性を余すところなく発揮している点については見過ごしてはいけない点だ。

だがすべての人がアジアン家具を好んでいるわけではない、中には当然のことながら最新の、また見たことがあるデザインをしていながらも何処か憎めないフォルムから購買意欲が駆り立てられるといった家具も存在していると思う。特に昨今開発されて、市場としてもその名を広めている家具の1つとして『デザイナーズ家具』だ。現代で活動している家具をデザインしている人は数知れずだが、中には世界的に有名な人が作品の1つとして発表した家具、またはマンションなどが未来的なフォルムから人気を呼んでいるが、そもそもデザイナーズ家具とは何なのか。

アジアン家具と比較しながら、デザイナーズ家具というものの潜在能力を見ていこう。

時代を超える作品も生まれる

アジアン家具との違いというより、共通点をデザイナーズ家具から見出すとするならばそれは『時代を超える名作』が生まれるかもしれないというところだろう。アジアン家具も使用している木材もそうだが、その木材が長年使用することが出来るだけの耐久力を持っており、また長年使用し続けることで新品には無い愛着とも言える魅力をかもし出す。長い時間を掛けて本来は備わっていないはずの魅力が備わるが、デザイナーズ家具にしてもそれは良い意味で当てはまる。

どんなとことで当てはまるのかだが、デザイナーが作り出した家具がインテリアとして時代を超えた中で多くの人に愛される傾向にあるからだ。愛される理由は、採用しているデザインがどんな時代の人々にも愛されるような計算された設計が為されており、それをなしとげることで長年使用して生まれたアジアン家具に勝るとも劣らない魅力をデザイナーズ家具もその力を身につけていく。

見て楽しむこともできる

デザイナーズ家具の魅力を挙げるとするなら、やはり洗練されたデザイン性だろう。作品を見ているとあれも欲しい、これも欲しいと思ったことは数知れずという人もいるかもしれない。アジアン家具においてもそれは同様だが、求めている感性という点では2つは大きな隔たりを持っていると分析することも出来る。アジアン家具を欲する理由として考えられているのは、主に日々の癒しを自宅などでも体感できるようにと、落ち着いた家具を中心に家の中をホテルのような快適空間を形成することを目的として導入している人もいるだろう。対してデザイナーズ家具に求めているのは、日々の生活をお洒落に過ごせる現代に見られる個性的な家具に囲まれての生活をしたいという人が求めているだろうと、個人的に考えている。

もちろんデザイナーズ家具に癒しを感じるという人もいるだろうが、家具の中には明るめの色を採用しているものもあるため、全体的にブラウン系の色で統一されているアジアン家具とは少々異質ともいえる。それこそデザイナーズ家具で統一された部屋と、アジアン家具でまとめられた室内ではまるで違う印象を持つだろう。ただ個性的であること、これに関して言うならば、どちらもインテリアの飾り方によって同じ家具を使っているにも関わらず、個性的な室内を演出する事は可能ということだ

自然を求めるか、人口を求めるか

2つの家具の違いを更に追求するとしたら、何といっても自然か人工かといった側面だろう。デザイナーズ家具の場合、製作されている家具の中には木材を一切使用していない金属製のものもあるが、それは逆に現代だからこそ生産することが出来る、未来的な家具といえる。アジアン家具の材料は一貫して自然物、先に紹介したようなマホガニーなどの素材を全面的に生かしたデザインとなっている。無論いくらか金属を使用する機械もあるだろうが、螺子といった機械を感じさせるものを一切使っていない家具も中にはある。そうした作品を好んで使っている人もいることを考えても、利用する人の需要と供給のバランスを比較するとしても、そこまで大層な差が引き出されるといったことでもないだろう。

どちらの家具も良いところがあるが、あえて挙げる自然と人工という二つの要素は実のところ外せない要素かもしれない。例えば金属アレルギーといった人であれば購入する家具でも、アレルゲンを引き起こさないかなど気をつけなくてはならない。そのためにはなるべく自然物を利用した家具の購入にしなければならないといった、そんな不便を強いられている人もいるだろう。

ただまぁ極論として、この後の話でも通用する部分ではあるが、どの家具を使用するかはやはり個人の好みという点は大きいと思う。またアジアン家具は確かにここ数年で急成長を見せている家具のスタイルだが、こちらもそうだがこの後に紹介する家具と比較すると、どうしても見劣りしてしまう感が出てしまうのはしょうがない点ではある。

アジアン家具を大いに語る!

日常生活で使用する家具、どうせならそれは自分のこだわりを最大限生かしたもので統一したいもの。その中には『アジアンテイスト』な家具を導入したいと考えている人もいるだろう。また勧められてアジアン家具を導入してみたいと思っている人もいるはず、このサイトではそんなアジアンテイストの魅力を徹底的に紹介し、さらに他の家具との違いといった豆知識情報を提供するサイトです。